Breeding Attention

子犬を迎えるにあたっての心構えと知っていただきたいことをダラフなりの考え方で書いております。
準備
・心の準備をしてください。
子犬は、おもちゃでも装飾品でもありません。命ある生き物です。最後の瞬間までできる限りの愛情を持って育ててくださいね。
小さな子犬は、新しいオーナー様のもとへ行きますと不安でいっぱいです。大好きなママとも離れ、今まで一緒に遊んだ兄弟姉妹とも別れ別れになり、全く知らない景色、におい、人の中で必死で慣れようと努力します。その中で、淋しくて鳴くこと、目に付くものをかじること、トイレを粗相することなどであなたを困らせることでしょう。でも、その子の身内はもうあなたしかいないのですよ。あなたがすべてなのです。その想いを理解してくださいね。そうすればきっと、行儀を身につけ”無償の愛”をあなたに注いでくれることでしょう。
・飼育器具
1)サークル
  新聞紙を広げた大きさが使いやすくて便利でしょう。形やデザインはお好みで選んでください。ただ、木製のものはかじることがありますし、汚れがしみ込むため洗ったり、消毒したりするときに使いにくいのでスチールかステンレス製がいいでしょう。
2)食器
  大きさはマグカップ山盛り1杯のドライフードが入る大きさが必要です。材質はステンレス製の重いものが衛生的で、動きにくく使いやすいと思います。
3)水のみ器
  成犬では食器と同じものでも構いませんが、子犬のときは犬用の給水器がこぼしたり、足を入れたりしませんのでおすすめです。500mlのペットボトルを利用するタイプが市販されてます。
4)ペットシーツ
  子犬のうちはおすすめできません。かじって食べてしまう子がいます。新聞紙をちぎって敷き詰めるのが安心です。
5)カラー(首輪)とリード
  ワクチンが終わって約2週間でお散歩デビューです。それまでは必要ないですが、いろいろな色やデザインが市販されてますので選んでおくのもいいでしょう。ただ、ハーネス(胴輪)は引っ張ることを覚えますのでカラー(首輪)のほうがいいでしょう。また、ロングヘヤー特有のコートが台無しになりますので外出時以外は付けないようにしましょう。
6)フード
  お譲りのときに今まで食べていたものを約7日分お渡しします。変える場合は、5日ぐらいかけて徐々に新しいものに変えていってください。
6)その他
 ・イヤークリーナー
 ・スリッカーブラシ
 ・両目櫛
 ・おもちゃ
 ・爪きり
等は徐々に揃えていけばいいと思います。
環境
風通しのよい落ち着ける場所を選んであげてください。西日が当たる部屋は室温の変化が激しいので、特に夏場はエアコンなどで温度管理してください。
また、フローリングの床は滑りやすく、子犬の頃は関節を痛めてしまうことがありますので、タイルカーペットや滑り止めワックスを塗るなどして滑らない工夫をしてあげてください。
タイプ別の説明と価格帯
・ペットタイプ(8万円〜)
 生涯パートナーとしてかわいがっていただくタイプです。繁殖はできますがおすすめしておりません。交配や出産時のサポートに関してはご相談ください。
一般的にはこのタイプで充分です。ペットショップ等では手に入りにくい犬質です。あくまでダラフではペットタイプというだけです。欠点に関しても、お譲りのときの判断です。成長過程での噛み合わせやオスの睾丸に関しては保証出来かねますのでご理解ください。
・ハイクォリティー
 
@ショウタイプ
 
ドッグショウで活躍できる犬質を持つタイプです。個体自身のバランス、構成がすばらしく、きれいに仕上がります。繁殖も可能です。
噛み合わせ、陰睾丸(オスのみ)等の欠点の確認上、お譲りする時期が遅くなりますことをご承知ください。また、ショウタイプを購入されたからといって、ショウでのチャンピオンを約束するものではありません。チャンピオンになるためには、ショウマナーの入れ方やハンドラーによって成績が左右されますし、育て方によっても仕上がり方が変わってきますので、間違わないでくださいね。
 Aブリードタイプ
 
基本的に繁殖を目的とするタイプです。血液の組み合わせを考えて作出しておりますので、その個体自身というよりも産まれてくる子に期待ができますし、ショウタイプの子を産むこともできます。
・特別譲渡犬について
 特別譲渡犬とは・・。
  ダラフで活躍してくれた成犬を無料でお譲り致します。第二の生活を大切に送らせてあげたいと思いますので、血統書はお付けしません。どうしても血統書が欲しいという方には、去勢・避妊手術をお願いしております。ご理解の程、よろしくお願いします。
・ショウにおける欠点の種類
 ・オーバーショット、アンダーショット
  歯の噛み合わせのことをいいます。出っ歯やうけ口だと思ってください。産まれてすぐに分かる場合と生後30日ぐらいで分かる場合があります。外見上の問題ですが、まれに犬歯が歯茎に当たる場合がありますので、その時は獣医さんと相談してください。また、乳歯の状態でオーバーやアンダーの場合、永久歯に生え変わるときに治る場合があります。
 ・陰睾丸、停留睾丸(オスのみ)
  生後60日ぐらいで分かります。お譲りする時点で確認していただきます。繁殖は不可です。ただ、90日以降に降りてくる子もいますので確認が必要です。
 ・尾曲がり
  しっぽが途中で曲がってることを指します。短い子もいます。外見上の問題です。成長してしっぽの毛が伸びてきますと触らなければ分からない程度になる子がほとんどです。ここで注意が必要なのですが、ほとんどのブリーダーは尾曲がりを直す(判りにくく)する方法を知っています。ある程度の確率で出ますのでごまかし方も知っているのです。ダラフは、尾曲がりも個性という判断で一切直しません。信用してくださった方を裏切ることは致しません。
 ・バイアイ、ブルーアイ
  片目もしくは両目がブルーになることです。ダップルが目に起こることによって、色素が薄くなるためにブルーになります。
目が見えないとか視力が弱いということではありません。白色人種の目が青いのと一緒です。一枚コートのカラーに起きた場合のみ欠点となります。
 ・鼻抜け
  カラーがチョコレート系以外の鼻の色が黒ではないことをいいます。チョコレート系は鼻の色がレバー色で正常です。レッドやクリームのカラーは色素が薄いということになりますので、交配するときは注意が必要です。

以上がショウにおける欠点ですが、普段の生活において何一つ差し支えありませんので、ご理解ください。
また、ペットショップ等では”めずらしい”とかごまかして高価に取引させてるケースがあります。ご注意くださいね。
サポートについて
ダラフでは、どのタイプの子も一生涯においてサポートさせていただきます。どんな些細な事でもご相談くださいね。子犬の価格はサポートに関係ありません。サポート料もいただいておりません、当たり前のことと考えております。また、サポートが必要ない方はお申し出ください。
ただ、交配、出産時のサポートに関しましては、少し考え方が違ってきます。耳よりの子もしくはダラフ以外で交配したメスの出産のサポートは一切ありませんのでご了承願います。当方が交配不可とした理由をお考えください。出産時にサポートさせていただくのは、ダラフのハイクォリティのメスをもっておられて当方にて交配した子の出産、もしくはダラフ以外で購入されたメスをもっておられて当方のオスと交配したメスの場合のみです。ペットタイプのメスをお持ちの方の交配はおススメしておりませんが、その子自身により一概には言えませんのでご相談ください。
また、当方からサポートをお断りすることもあります。そういう方はお断りする理由があるのです。申し訳ございませんがご理解の程、よろしくお願い致します。